転職

20代・30代は転職を繰り返すと不利?回数が多くても採用・内定をもらうコツは?

一般的に転職回数が多いと、転職は不利になると言われています。
しかし、4回・5回と何度も転職を繰り返している場合、あなたの理想としている職場へ転職をすることは難しいのでしょうか。

今回は人事担当者として、中途採用の書類審査・面接を担当している私が、転職回数が多くても採用・内定を勝ち取るコツを教えます。
転職回数が多くても、あなたの志望理由や転職の目的さえハッキリしていれば、再就職は可能ですよ。




転職を繰り返すと不利と言われる理由

人事担当者から見て、転職回数が多いと

「我慢・忍耐が足りないのではないか」

「前職で何か得たスキルや知識はあるのだろうか」

「採用しても同じように辞めてしまうのではないだろうか」

など、不安なことや心配があるのは事実です。
そのため、表面的なことだけでいうと、確かに「転職を繰り返すと、再就職は不利になりやすい」と言えるかもしれません。
しかし、転職を繰り返すのに正当な理由さえあれば、一概に「転職回数が多いから不採用にする」ということはないので、安心してください。

転職回数が多いと感じる回数とは

一般的に「転職回数が多いな」と感じる回数は、

20代:3回以上

30代:5回以上

だと言われています。

せめて3年間は勤めて、1つの会社で一人前と呼ばれるくらいのレベルに育ってから辞めてほしいな、というのが本音です。

ただ、職種によっては「転職回数が多い」と感じることはありません。
引く手あまたの医師や看護師、薬剤師といった専門職の方に関しては、より好条件での就職先を探している場合が多く、またどの病院・勤務先も人手不足となっているので転職回数を問いません。
保育士や介護福祉士も同様であると言えます。

しかし、営業系やエンジニア系の職種の場合は、転職回数が多いと印象が大きく変わってきます。
年齢にもよりますが、勤続年数が長いと

さまざまな経験を積んでいるのだろうな

と感じますが、勤続期間が短いと

前職でどんな成果を上げたのだろう
仕事に取り組む姿勢・意識に問題はないのだろうか

と疑問に思うことも。

ただし、面接で退職理由については質問するので、きちんと筋に通った説明をしてもらえればマイナス評価にすることはなく、むしろ「前向きな転職だな」とプラス評価をしています。
またブランク期間があった場合は、「その間は何をしていたのか」を面接時に詳しく説明できないと、不利になることが多いです。




短期間で転職している場合は再就職が不利になる?

「1年以内で退職すると、転職は不利になる」と就職活動中の方が話されているのを、よく耳にします。

採用担当者側としては、入社3ヶ月や半年未満で退社を決意された方に関しては、「前職で何かしら理由があるのでは?」「何か家庭の事情など、特別な理由が生じたのでは」と感じることがあります。
そのため、面接時ではなぜ短期間で退職したのか、理由と経緯を詳しく聞くようにしています。

逆に1年経ったか経たないかで退職される方に関しては、明らかに意図があるはずです。
何かしらの成果やスキルを身に付けていないと、「前職が嫌で辞めたのではないか」とマイナス要因を勘ぐってしまうケースが多くなる傾向があります。

転職回数が多くても「採用したい」と魅力を感じる人や決め手

採用担当者にとって魅力を感じて、「採用したい」と内定を出すのは

  • 今までの職歴で得たスキル・経験や学んだことを活かしている
  • 自分自身をしっかりと分析・認識して、面接でアピールできる
  • 環境適応力が高い
  • コミュニケーション能力が高い

など、上記のように自分自身を成長させている人や自己分析が冷静にできる人、また中途採用となるので新しい環境にすぐになじんで能力を発揮できる人が「採用したい」と感じさせる人物像です

また転職に対して明確な目的意識がある場合も、面接でしっかりアピールできれば「ぜひ採用したい」と採用担当者に思わせます。

  • 将来独立して起業したいので、ノウハウを学びたい
  • 資格を取得して、より多くの人の役に立ちたい

など、「なぜ当社を選んだのか」という理由と一緒にアピールができれば、転職回数が多くても不利になることはありません。

自己分析をするには、落ち着いて自分を見つめ直す時間が必要です。

普段、仕事で忙しくてそんな時間なんて無い!

そんな場合は、リクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめです。

グッドポイント診断をするメリット
  • 通勤や休憩時間にできる
  • 診断結果であなた自身では気付けなかったアピールポイントに気付ける
  • 自己PRに活かせるので、履歴書・職務経歴書、面接で活用できる

診断結果は的確で、かつあなた自身をアピールする言葉の宝庫です。
履歴書や職務経歴書でも文言をそのまま使えるので、書類を準備する時間も短縮することが可能ですよ。

グッドポイント診断をやってみる

 転職回数が多くても採用されるコツとは

ここ数年、転職市場はかつてないほど賑わっており、転職回数が多い人でも再就職先を見つけやすい環境となっています。
少子高齢化に伴う人材不足が1番大きな原因ですが、今まで中途採用を行わなかった企業もキャリア採用を始めるなど転職希望者にとっては、目標とする企業に自分自身を売り込むチャンスが増えています。

しかし転職回数が多すぎると、先述したように医師や看護師、薬剤師などの専門職や、よほど他の人より秀でたものがない限り再就職は難しいのが現状です。

じゃあやっぱり、転職回数が多い人は採用されないじゃないか

転職回数が多い人が採用されるためには、まずは「転職サイト」を活用することで、採用されるまでの距離が一気に縮まると同時に、ハードルも一気に下がります。

今まで転職を何回も繰り返している人ほど「またすぐに見つかる」と思い込んでいる場合がありますが、やはり一定の回数を転職すると、内定をもらうのが難しくなってきます。

またアピール方法も変えないと「なぜウチで働きたいのだろう」「長く勤めてくれる根拠は何だろうか」と、冷ややかな視線で面接が始まり、最悪の場合、書類審査すら通過しないケースも。
こういった事態を事前に防ぐためにも、転職サイトを利用して就職活動をすることで、転職回数が多くて不利になっている状況を打破することが可能となります。

転職サイトに登録することで、

  • 転職回数が多くても、希望条件で採用してくれる企業が見つかる
  • 履歴書や職務経歴書の自己アピールの書き方を教えてくれる
  • 面接の質疑応答の練習ができる

といったメリットがあります。

どうしても転職を繰り返していると、履歴書や職務経歴書にまとめるのが難しくなり、人事担当者にとって「読みにくい書類」が届けられてしまうことがよくあります。

普段の業務に加えて書類審査や面接を行うので、人事担当者側の本音としては、

読みにくい書類を送ってくる=気配り・配慮が足りない

と、書類審査の時点で不採用とすることがあります。

そのため、転職回数が多い人ほど転職サイトで履歴書や職務経歴書を添削してもらうことが重要となるのです。

また応募する前に、担当エージェントが

  • 企業側に転職回数が多くても問題ないか
  • あなたの人物像やスキル・能力を事前に伝えてくれる

ので、1人で転職活動をするよりも格段にあなたの理想とする職場で内定を勝ち取る可能性が高くなります

転職を繰り返す回数が多い人におすすめの転職サイト

転職を繰り返す人回数が多い人こそ、転職の成功率を高めるためにも転職サイトを活用する必要があります。
しかし、あなたの年齢や希望職種によって、登録するべき転職サイトや転職エージェントは変わってきます。

その理由として、

  • 転職サイト・転職エージェントごとに得意分野が違う
  • 年齢や職種に特化した転職サイト・転職エージェントがある

ということが挙げられます。

あなたに合った転職サイトに登録しないと、希望に沿った仕事は見つからないですし、時間だけがムダに流れていきます。
そうなると、好条件・好待遇の求人案件はほかの誰かの手に渡ってしまいます。

それって、すごくもったいないことですよね。

転職の回数が多いあなただからこそ、より効率的に転職を成功させるためにも転職サイトを有効活用しましょう。

20代におすすめの転職サイト

20代のうちに2回以上転職しているのであれば、1人で転職活動をすると

短期間で転職ばかりして、何も身に付いてないんじゃないか
雇っても、すぐに辞めると言い出しそうだな

と、採用担当者からはマイナスイメージしか持たれません。

印象を良くして、かつ前向きに検討してもらうためにも転職サイトは必ず利用するべきです。

マイナビジョブ20’s

※画像は公式サイトからお借りしています

「マイナビジョブ20’s」は20代の転職に特化している転職サイトです。
20代だけを対象とした求人件数は常に1500件以上あり、非公開求人も充実しています。

マイナビジョブ20’sがおすすめの理由
  1. 20代だけの求人なので、経験年数での差がない
  2. 企業が20代限定で募集しているので、ライバルが少ない
  3. 応募する前に、担当エージェントが転職回数が多くても不利にならないように事前に企業へ話をしてくれる

20代で何度も転職を繰り返していると、再就職は不利になる傾向にあります。
転職できたとしても、あなた自身が「やりたい!」と思っている職種や業界、会社で内定をもらいにくく、給料面や仕事面など何かしら妥協しないといけないケースがほとんどです。

しかし20代に特化した「マイナビジョブ20’s」であれば、心配や不安は払拭されます。

もともと企業側が20代という若手を求めているため、経験差を問われることはありません。
またライバルも少ないので、2回・3回の転職経験者であっても不利になることもないので安心して転職活動を進めていけます。

転職回数が多いことで合否に差が付けられないか心配であっても、事前に担当エージェントが不利益にならないように交渉してくれるので、履歴書や職務経歴書を作成する時間や手間をムダにすることもありません

またマイナビジョブ20’sには適性診断があります。

マイナビジョブ20's適性診断

20代に特化した適性診断となっているので、面接時にはあなた自身の強みをより明確に伝えることができます。

マイナビジョブ20’sの公式サイトを見てみる

 

20代の転職相談所

※画像は公式サイトからお借りしています

大企業を中心とした求人を扱っている、20代専用の求人サイトです。
あまり知られていない転職サイトですが、求人案件は有名企業を中心に取り揃えられています。

20代の転職相談所がおすすめの理由
  1. 20代限定の正社員のみを取り扱っている
  2. フォローがきめ細やか
  3. サイト利用者が少ないので、ライバルがいない

「20代の転職相談所」は、ほかの20代の未就職者に特化した「いい就職ドットコム」という就職サイトを運営している会社の転職サイトです。
まだ知名度は低いものの実績は高く、有名企業からの求人が多数あります。

またサイト利用者が少ないため担当者からのフォローが手厚く、より親身に相談に乗ってくれます。
ライバルが少ないので、希望している会社から内定がもらえる確率が高いのも、転職希望者としては魅力的です。

20代の転職相談所の公式サイトを見てみる

30代におすすめの転職サイト

30代は男女ともに、最も転職希望者が多い年代です。
そのためライバルが非常に多く、職種によっては情報戦となることもあります。

ありきたりな自己アピールでは書類選考の段階で落とされるので、「あなたらしい」履歴書と職務経歴書を作成することが、転職を成功させる1番の近道になります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
※画像は公式サイトからお借りしています

「リクルートエージェント」は転職サイトの中でも老舗であり、知名度も抜群。
一方で、大手であるがゆえに担当者によってサービスの質に差があるなど安定感に欠けている面もあります。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 求人案件の質・量が圧倒的で、職種も幅広く取り扱っている
  2. サポート体制が万全(特に面接)
  3. 企業への交渉力が高い

リクルートエージェントは担当者の質のばらつきがデメリットですが、それをカバーするほどの圧倒的な求人数が魅力的です。
また面接力を高める専門セミナーが開催されており、毎回満員になるほど人気があります。

転職での面接は、新卒や第二新卒の面接よりも重要視されるので、絶対に攻略しておきたいポイントのひとつです。
ほかの転職サイトと併用して、非公開求人を中心に探すのがかしこい使い方だと言えます。

リクルートエージェントの公式サイトを見てみる

doda


※画像は公式サイトからお借りしています

「doda」はテレビCMをはじめメディア露出が増えてきたこともあり、最近は非常に人気のある転職サイトとなっています。

dodaがおすすめの理由
  1. キャリアアドバイザーの質・サポート力が高い
  2. リクルートエージェントに次ぐ、第2位の求人数
  3. 地方への転職やUIターン転職に強い

「doda」は転職サイトの中では求人数がリクルートエージェントに次いで2番目に多く、幅広い職種を取り扱っています。

また30代や40代になってくると、結婚や出産、親の介護などで転職を余儀なくされるパターンも目立ちます。

dodaの公式サイトで求人を探してみる

女性におすすめの転職サイト

専門職であれば特化した転職サイトを利用した方が、より好条件の職場に転職できるのと同じように、女性の転職に強いサイトを活用しましょう。

女性ならではの悩みである、結婚や出産・育児のブランクについても相談できる、心強い味方となります。

女の転職@type


※画像は公式サイトからお借りしています

「女の転職@type」は女性のためだけの転職サイトで、実際にあなた専属の担当者と会って希望を伝えたり、書類確認や面接練習・対応などをしてもらえます。

女の転職@typeがおすすめの理由
  1. 女性だけの求人転職サイト
  2. 女性が働くうえでの悩みや問題を解決できる
  3. 担当エージェントに女性が多い

仕事と家事・育児の両立で転職のスケジュールを立てるのが難しくても、担当者が会社と代理で相談しながら調整してくれるので、支障や無理なく進めることができます。

女性だけの求人なので、「18時まで」「残業なし」「土日祝日は休み」といった条件の仕事が豊富です。
しかも正社員の条件としてなので、収入面や社会保険もしっかり保証されています。

女の転職@typeの公式サイトを見てみる

パソナキャリア

「パソナ 評判 転職」の画像検索結果
※画像は公式サイトからお借りしています

「パソナキャリア」は人材派遣をしている「パソナ」と同じ系列の会社で、企業側にあなたを紹介する力においてのノウハウが抜群です。
また、元々人材派遣に力を入れていたこともあり、特に女性への職場との仲介は特化していると言えるでしょう。

パソナキャリアがおすすめの理由
  1. 日本全国に支店があるので、直接会って話を進められる
  2. 派遣会社のノウハウを活かしたサポート力がすごい
  3. パソナキャリアだけの独占案件がある

口コミでは担当者のアタリ・ハズレによる差が大きいという情報もありますが、それでもパソナキャリアだけの独占案件は非常に魅力的です。
独占案件には誰もが知っている大企業・有名企業の求人募集が含まれており、給料アップや福利厚生の充実は間違いなしです。

また女性スタッフが多いので、結婚や子育てに対するブランクや不安についても、事前に会社側に話を通しておいてくれます。
そのため書類審査を通過した時点で、あなたが働くうえでの不安や悩みはすでに会社側としては折り込み済み
それでもあなたという人材に魅力を感じて、面接をしたいと考えていることが分かります。

パソナキャリアの公式サイトを見てみる

未経験職種への転職におすすめのサイト

今までの仕事とは、まったく違う業種で働きたい・・・

今まで頑張って同じ業種・業界で経験を積んできても、しんどくなって「違う仕事をしたい」と思う方もいますよね。
そんな場合も、今までの経験を違う形で活かして転職するという方法があります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
※画像は公式サイトからお借りしています

リクルートエージェントは、転職サイト・転職エージェントの中で求人件数が1番多いサイトです。

おすすめの理由は前述と変わりませんが、何よりも『多様な業界・業種の求人案件が多い』というのが、他業種へ転職をしたい人にとっては利用する大きなメリットとなります。

また、異業種へ挑戦するということは、今までの転職で行ってきた自己アピール方法やあなた自身の強みの伝え方を変える必要があります。
「今までの転職で上手くいっていたから」という考え方は、あくまで今の業界だから通用したことだと考えておきましょう。

リクルートエージェントの公式サイトを見てみる

マイナビエージェント

マイナビエージェント※画像は公式サイトからお借りしています

マイナビエージェントは、リクルートエージェントに次いで求人の業種・業界が多い転職サイトです。

マイナビエージェントがおすすめの理由
  1. 求人案件の業種・業界が豊富
  2. 異業種への挑戦に対して、万全なサポート体制が整っている
  3. 今までの経験を活かした転職先を案内してくれる

幅広い業種・業界の求人案件を取り扱っているマイナビエージェントは、異業種への転職希望者が多いこともあり、ノウハウがあります。
そのため万全なサポート体制が整っていると言え、履歴書や職務経歴書、面接までどのように対応するべきか徹底的に添削・対応をしてくれます。

また今までのあなたの経験を活かせる職種のピックアップもしてくれるので、まったく違う業種への転職のはずだけれど、あなたの今までの経験が無駄にならずに活かされる職場と巡り合うことも。

面接練習でも、「この業種であれば何をアピールするべきか」具体的なアドバイスをもらえるので、やみくもに転職活動するよりも高確率でやりたい仕事に就けます。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら

20代・30代で転職を繰り返すメリットを活かして、内定を勝ち取ろう

20代・30代で転職を繰り返す人が、採用・内定をもらうためのポイントです。

  1. 自己分析をしっかりしている
  2. なぜ転職するのか、理由が明確
  3. 転職サイト・転職エージェントを最大限利用する

傍から見ると、たしかに20代・30代で複数回も転職をしていると、「どうせ嫌なことがあればすぐに辞めるんだろう」などデメリットでしか見られないことがあります。

しかし履歴書や職務経歴書で、過去の転職も含めてマイナスイメージを採用担当者に与えなければ、逆にあなたにとって武器となり有利に転職活動を進めることが可能となります。

まずは書類で「どれだけ転職に対して前向きに考えているか」を伝え、面接時には「あなたという人物像」をしっかりと伝えることが、内定を勝ち取る近道となります。

そのためにも一時的にでも転職サイトを活用して、『あなたに有利になる履歴書・職務経歴書』の書き方をプロから学んで、本当にやりたい仕事に取り組んでください。

あくまで転職サイトは、あなたがやりたいことに近付くために活用する道具です。

むずかしく考えず、あなたの良さをたくさん引き出して、繰り返している転職をメリットに変えて転職活動を進めていきましょう。