調理師・シェフ

調理師は長時間労働ばかり?定時・残業なしで帰れる職場の探し方とは

調理師って、どこを見ても長時間労働の職場ばかり。
そう思って定時で帰ることや、残業なしの働き方を諦めていませんか?

たしかに調理師をはじめ、飲食店・外食産業の正社員で働く従業員は、なかなか定時上がりというのが難しいと言わざるを得ません。
しかし、調理師でも定時・残業なしで帰られる仕事があるのも事実です。

今回は調理師でも定時・残業なしで帰れる職場の探し方を紹介します。

調理師が定時・残業なしで帰れる職場を探すためには

調理師で転職をする際に、「定時で帰れる」「残業なし」で帰られる職場はかなりポイントが高いですよね。
もちろん応募者も多くなるため、必然的に狭き門となる可能性が高いです。

ですが、転職エージェントを利用することで、1人で転職活動するよりも何倍もの確率で採用されるようになります。
同じ人材であっても、転職エージェントを経由するだけで、採用される可能性がグンと高まるのです。

転職エージェントを利用することで、内定をもらいやすくなる理由として2つ挙げられます。

  • 転職エージェントのスタッフが、あなたの魅力を伝えてくれる
    →信頼している第3者からの意見が聞けることで、採用担当者はあなたという人柄をより魅力的に感じます
  • 書類や面接の練習・攻略方法の情報を事前に入手できる
    →転職エージェントのスタッフから、あなたが希望する会社・職場の採用担当者の人柄や欲しい人材の情報を手に入れられるので、ミスマッチを防ぐことができます

調理師をはじめとする飲食業界・外食産業には、看護師や保育士のように特化した転職エージェントがあります。


クックビズは調理師をはじめ、飲食業界・外食産業だけを取り扱っている転職エージェントです。
そのため一般的な転職サイトや転職エージェントよりも、取り扱っている求人数は圧倒的に多く、ノウハウや会社との連携もしっかりしています。

『クックビズ』ってどんな会社?

【クックビズ評判・口コミ】転職サイトに会員登録するとどんなことができるようになる?

ちなみに、今ならクックビズ経由で転職に成功すると、お祝い金として3万円をもらえるサービスがあります。
期間限定ですので、ぜひ早めに活用して転職を成功させましょう。

調理師が長時間労働になる理由とは

そもそも、なぜ調理師が働く現場は長時間労働になりやすいのでしょうか。

調理師が長時間労働になる理由として、

  1. 慢性的な人手不足
  2. 作業効率が悪い
  3. 仕事量が多すぎる

の3つがあります。

調理師は慢性的な人手不足

調理師は「きつい」「汚い」「給料が安い」という3Kが揃っている仕事のひとつです。
もちろん、中には一流シェフとして成功する方や、独立してお店を経営する方もいますが、数多くいる調理師の中でもほんの一握りといっても良いでしょう。

調理師の仕事は、基本的に働いている間はずっと立ちっぱなし。
手も足も動かしっぱなしなので、体力的に疲れます。
さらに体育会系のノリで、上下関係が厳しいような職場であれば、特に若い子は長続きせずすぐに辞めてしまいます。

そのため人材は育たず、慢性的な人手不足となり、残っている調理師にしわ寄せがきて定時で上がることができず、毎日残業ばかり・・・という負のサイクルとなっています。

調理の作業効率が悪い

昔ながらの調理師の方が責任者のところに多いのですが、なかなか新しいことを取り入れることをしたがりません。
たとえば野菜を大量にカットしなければならない場合など、機械を導入すれば作業効率も上がるし、人手不足分もカバーできるにも関わらず

調理師なんだから、これくらい機械に頼らず自分らでやるもんだ!

と導入を拒否するケースが目立ちます。

また、新しい機械や調理方法を試すことで失敗することを恐れるあまり、作業効率が悪いにもかかわらず、慣れた手順や古い機械を使って作業しています。

スチコンとかうまく活用すれば、調理時間の短縮や作業効率のアップになるにも関わらず、です。

調理師は仕事が多い

調理師という職業は調理をする以外にも、雑務が多い職業です。
なかでも個人経営の飲食店では、従業員スタッフが全員調理師というケースも多いので、調理に関することだけではなく接客やレジ打ちなどをこなす必要もあります。

ただでさえ調理師の仕事は立ち仕事がメインで時間に追われて忙しいのに、さらに雑務をこなさないといけないとなると、定時で上がれることはまず無理と考えましょう。

調理師が定時・残業なしで帰るための条件と職場

調理師が定時・残業なしで帰るためには、条件があります。

  1. 調理師の仕事として区分されていること
  2. 作業内容が時間によって決まっていること

上記2つがクリアできていれば、『調理師でも定時・残業なしでも働ける』職場と考えてもまず大丈夫です。

具体的に、どんな仕事が当てはまるの?

もっとも当てはまるのは、給食会社での仕事です。

給食会社は時間によって仕事内容が決まっている上に、お客さんの注文を受けて料理するわけではないので、時間に追われることもありません。
そのため、給食会社の調理師は定時で上がることが可能です。

ただし、給食会社にもブラック企業と呼ばれる会社があります。
特に地域密着型の会社は人手不足であるケースが多いので、好待遇ですが仕事が定時で終わることができずに、なかなか帰られないという話をよく耳にします。

委託給食会社はブラック企業?仕事内容や給料は?働くメリットはあるの?

事前にブラック企業と判断できないの?

ブラック企業かどうかを個人で判断するためには、インターネット上の口コミを見るか知人が働いていたら情報を聞き出すかしか方法はありません。

しかし情報が古いことが多く、「今、現在の情報」を手に入れるには個人では限界があります。
そこで最新の情報を手に入れるために活用したいのは、『転職エージェント』です。

転職エージェント・転職サイトは、今や数多くありますが、調理師や飲食業界・外食産業で転職を考えているのであれば、「クックビズ」がもっともおすすめです。


クックビズは飲食業界・外食産業の求人しか取り扱っていないため、テレビのCMでよく見るような大手転職サイトとは違い、より詳細な情報を手に入れることができます。

しかも、あなたを上手に売り込んでくれるので、調理師でも転職時に年収アップがしやすくなります。

【クックビズ評判・口コミ】転職サイトに会員登録するとどんなことができるようになる?

調理師も定時上がり・残業なしの職場を見つけられる

今や、誰もが希望する働き方ができる会社・職場へ転職するのが当たり前となっている時代。
もちろん、調理師だって例外ではありません。

上記で紹介した給食会社以外にも、転職エージェントを利用することで、定時上がりが可能な職場を見つけられる可能性がかなり高くなります

あなた自身が納得できる働き方をするためにも、ぜひ諦めずに探してみましょう!