調理師・シェフ

飲食・外食産業から一般企業へ転職!未経験から再就職するアピールポイント

「やっぱり外食産業では生活に限界かも」
「もっと週末はゆっくり休みが取れる生活をしたい」

コロナ禍ということもあり、現在も飲食・外食産業は厳しい立場に立たされています。
その中であなた自身の生活や境遇を考えると、一般企業への転職を考えることもあるでしょう。

今回は、飲食・外食産業からの一般企業への転職を、未経験でも成功させるポイントを紹介していきます。




飲食・外食産業からの転職は今が1番有利!

結果から言うと、実はこのコロナ禍は他業種への転職が1番やりやすい時期になります。

理由は2つあります。

  1. 誰もがコロナによって生活が左右されている
  2. コロナにより働き方が見直されている

上記による理由で、現在は誰もが生活や働き方に悩み、流動的に人が動いている時期です。逆に今だからこそ、あなたの理想の職場に出会える可能性が高いともいえます。

転職に悩んでいるのであれば、今をチャンスに活動することをおすすめします。

一般企業に強い【リクルートエージェント】で転職相談する

飲食・外食産業から一般企業へアピールする方法

「未経験の職種へのアピールポイントはどうすればいい?」と疑問に思うところですよね。
ここでは飲食・外食産業からの一般企業への転職する際に有効なアピールの方法をお伝えします。

アピールポイント
  1. 飲食・外食産業から転職する理由
  2. 一般企業でどんな仕事をしていきたいか
  3. あなた自身の強み

上記3つのアピールポイントは、しっかりと押さえておきましょう!

飲食・外食産業から転職する理由

今までまったく別分野の飲食・外食産業から一般職への転職となると、まずは誰でも理由が気になりますよね。まず絶対に外せないアピールポイントとなるので、理由はしっかりと考えましょう。

コロナ禍である現在では、

  • コロナで飲食・外食産業の求人が激減し、また今の職場でも給料が落ち生活に支障が出てきた。
  • コロナによる飲食・外食産業業界に対する制限

以上の2つを理由として挙げることも可能です。

「コロナが無ければ今のところで頑張るつもりだったのに」という意思も見え隠れするため、相手には悪い印象を与えず、また「やむを得ない転職活動である」と受け取ってもらうこともできます。

一方でコロナだけをすべて理由にしてしまった場合、「コロナが落ち着いたら、また飲食・外食産業に戻ってしまうのでは?」と懸念されてしまう場合もあります。
そのためにも、コロナ以外にも転職理由を考えておきましょう。

  • 家族との時間を大切にしたい
  • コロナをきっかけに自分のことを見つめ直した結果、一般企業でやりたいことが見つかった

といった理由をアピールするといいですね。




一般職でどんな仕事をしていきたいか

飲食・外食産業と一般企業では仕事がまったく異なります。
そのため、採用担当者からは必ず「なぜこの職種を希望したのか」「どんな風に仕事をこなしていきたいか」を聞かれます。

あなたが志望した職種に沿った内容をしっかり考えて、アピールしていきましょう。

あなた自身の強みをアピールする

飲食・外食産業でもあなた自身の強みをアピールする必要はありますよね。一般企業でも同様です。
しっかりとあなたの仕事上や性格の強みをアピールしましょう。

ですが未経験の一般企業へ、どうやって今までの飲食・外食産業での仕事のアピールをしたらいいか悩みますよね。

ポイントとしては、飲食・外食産業は食中毒予防にしっかりと手順・マニュアルを守り、また効率化を上げるため作業導線の見直しなど多くの工夫が必要とされる職種です。